(財)先端加工機械技術振興協会
ホーム 協会案内 事業内容 ニュース 問合せ 情報公開
研究助成
調査研究
普及活動
その他事業

普及活動

 当協会では、先端加工機械技術の普及を図るため、昭和56年度から先端加工技術講演会の開催、
昭和57年度から機関誌「先端加工技術」の発行等を行っております。
 さらに平成19年度からは、地方自治体の公設試験研究機関等が、先端加工機械技術の普及を図る
講演会等を開催する場合、その費用の支援を行っております。

  ・技術講演会の開催  ・講演会等の支援(地方公設機関主催)   ・機関誌「先端加工技術」の発行


<平成29年度公設試験研究機関に対する支援の募集要領>

1、支援する活動 地方公設試験研究機関等が実施する、先端加工機械技術に関する講演会等の普及活動
2、支援項目 地方公設試験研究機関等が、外部から講師を招聘して先端加工技術の普及を図る講演会等を開催する場合、講師の招聘手当て(謝金、旅費)、会議費、資料の印刷費等を支援する
3、支援予定件数 本年度は3件以内
4、応募方法 所属機関長より、当協会宛に所定の申請書を提出する
(申請書の様式は当協会にお問い合わせ下さい)
5、申請時期 原則として、実施時期の2ヶ月前までとする
6、内定時期 申請書を当協会内で審議し、所定の手続きを経た後、内定通知を行う
7、申請書提出・
  問合せ先
〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-16-4 アーバン虎ノ門ビル
(一財)先端加工機械技術振興協会 普及活動係
TEL: 03-3501-6701   FAX: 03-3503-9697
E-mail: info@amtda.or.jp
 8、報告書の提出  実施後は、当協会宛に所定の報告書をすみやかに提出する






・技術講演会の開催(直近5年間)

 開催日と講演会テーマ  題目および講師 (所属・役職は講演時)
 平成29年2月24日
「我が国のものづくりを
担う先端加工技術の
最前線」


於:
霞山会館 牡丹の間
霞山会館ビル 37階
 (東京都千代田区)     
「これからのものづくりと工作機械の最新動向」
 上智大学 名誉教授 清水 伸二
「機能表面創成加工の課題と動向」
 東京電機大学 工学部 教授 松村 隆
「放電・電解加工の最新動向と未来」
 東京大学 工学部 教授 国枝 正典
「射出成形の最新動向」
 東京大学 生産技術研究所 教授 横井 秀俊
「複合加工・CAMの現状と動向」
 中部大学 工学部 工学部長・教授 竹内 芳美
平成28年2月26日
「素材革命で拡がる
3Dプリンター技術の
最前線」


於:
日本工業大学
神田キャンパス
 (東京都千代田区) 
「適用範囲と材料の拡がりを見せる3D積層造形の最新動向」
 (国研)産業技術総合研究所 主任研究員 廣瀬 伸吾
「マルチマテリアル3Dプリンターを用いた造形品の評価と活用事例」
 (地独)鳥取県産業技術センター 科長 木村 勝典
「陶磁器3Dダイレクトプリントアウト技術」
 佐賀県窯業技術センター 陶磁器部 係長 副島 潔
「世界初UV硬化インクジェット方式フルカラー3Dプリンターについて」
 (株)ミマキエンジニアリング 営業本部 小林 航平
「シーメットが提供する最新積層技術」
 シーメット(株) 営業部 宮内 大策
「材料の機能制御による金属積層の新たな活用開発」
 (地独)大阪府立産業技術総合研究所 主任研究員 中本 貴之
「バイオ3Dプリンターを活用した再生医療の将来」
 (株)サイフューズ 代表取締役社長 口石 幸治
 
 
 平成27年2月20日
「金属積層造形技術の
最前線−3Dプリンターの実用性を探る−」


於:
日本工業大学
神田キャンパス
 (東京都千代田区)
「3D鋳造と金属積層技術の最新動向」
 (独法)産業技術総合研究所
  先進製造プロセス研究部門 グループ長 岡根 利光

「Additive/Subtractive Machine Toolの開発」
 DMG森精機(株) 製造・開発本部 執行役員 酒井 茂次
「電子ビームによる金属積層造形技術」
 (株)エイチ・ティー・エル 営業本部 部長 筒井 昌
「金属3Dプリンターの金型製作への応用」
 (株)ソディック 常務取締役 佐野 定男
「金属積層技術の特徴と課題」
 (株)コイワイ AM事業部 課長 永田 佳彦
 
平成26年3月14日
「応用が拡大する
微粒子噴射加工技術の最前線」


於:
日本工業大学
神田キャンパス
 (東京都千代田区) 
「新世代噴射技術が拓く機能性インタフェース」
 東北大学大学院 工学研究科 教授 厨川 常元
「コールドスプレー法の最新動向」 東北大学大学院
 エネルギー安全科学国際研究センター 教授 小川 和洋

「FCMを利用した機能性微粒子の創成」
 ホソカワミクロン(株) 粉体工学研究所 フェロー 横山 豊和
「PJD法を応用した革新的歯科治療法」
 (株)サンギ 歯科材料事業本部 部長 石崎 勉
「微粒子投射法によるアルミニウム合金へのDLC被膜」
 (株)不二WPC 技術部 部長 熊谷 正夫 
平成25年2月15日
「高品質・高付加価値化を目指した鋳造技術開発の最前線」
於:
日本工業大学
神田キャンパス
 (東京都千代田区) 
「高品質・高付加価値化のための鋳造技術開発」
 (独法)産業技術総合研究所 グループ長 岡根 利光
「産学官連携で開発した大型車体部品の製造プロセス」
 早稲田大学 創造理工学部 教授 吉田 誠
「中間型を用いたアルミニウム合金の新高圧鋳造技術」
 広島県立総合技術研究所 副主任研究員 府山 伸行
「金属溶融積層造形技術の可能性」
 (株)コイワイ 専務取締役 小岩井 修二




・講演会等の支援(地方公設研究機関主催)

年度 支援内容 開催日
主催者
テーマ
平成28年 特別講演会
資料提供
平成25年4月15日
精密工学会
(工業技術研究所沼津センター共催)
・世界遺産 韮山の反射炉の意義
・韮山反射炉における十大ミステリーとフルモールド鋳造法
平成25年  特別講演会
資料提供 
平成25年4月26日
精密工学会
(工業技術研究所沼津センター共催)
 
・積層造形技術の現状と背景
・3Dプリンタの実例と応用
・FDM法および樹脂堆積法による造形の実演 
平成24年 ワークショップ
開催支援 
平成24年6月7日
富山県工業技術センター 
・傾斜機能材料(FGM)の概要と技術実用化・技術移転
・放電プラズマ焼結加工技術とFGM製造・商品事例
・FGM製造技術と自動車・航空機産業との接点 
平成23年 特別講演会
資料提供
平成23年9月9日
精密工学会
(沼津工業技術支援センター協力)
・巧妙加工
・メカ技術で楽しんでいること
平成22年 特別講演会
資料提供
平成22年5月28日
精密工学会
(沼津工業技術支援センター協力)
・TMT計画の全容及び主鏡製作における課題
・主鏡加工の現状技術
平成21年 技術講習会
開催支援
平成22年1月18日
富山県工業技術センター
・切削工具の表面形成と潤滑最適化
・圧電式力センサを用いた計測技術
平成20年 技術講演会
開催支援
平成21年3月4日
静岡県工業技術研究所
 浜松工業技術支援センター
・進化しつづけるトヨタのデジタル生産システム
・難削材料の超音波振動援用加工
・航空宇宙産業の最新事情と材料加工技術紹介
技術講演会
開催支援
平成21年1月23日
栃木県産業技術センター
・AD法による常温セラミックスコーティングと
 最新応用展開
技術講習会
開催支援
平成20年8月29日
長野県工業技術総合センター
・レーザ加工の現状と応用について
平成19年 技術講演会
開催支援
平成19年11月14日
栃木県産業技術センター
・自動車産業のものづくり戦略(ホンダの事例)
・自動車生産における先端加工技術とFAシステム



・機関誌「先端加工技術」の発行

タ イ ト ル 先端加工技術
発 行 人 松野 建一(当協会専務理事)
発 行 所 一般財団法人 先端加工機械技術振興協会 (AMTDA)
判 型 A4判
ペ ー ジ 数 8〜20ページ
発 行 年 月 年3回 7、11、3月に発行予定(創刊 昭和57年10月)
内 容 巻頭言と最新の技術動向をコンパクトにまとめて編集
価 格 非売品(当協会の賛助会員および関係者へ配布)
最近発行号の内容(目次)については、「協会案内:刊行物」をご覧願います。  

                                 
戻る

情報公開 問合せ ニュース 事業内容 協会案内 ホーム